貴女はセックストイについてどのくらいご存じですか?なんとなく大人の玩具という存在は知っている、という人からどんな用途があるかまるでわからない、といった人まで様々だと思います。ここでは

・セックストイの種類
・セックストイで開発できる性感帯について
・セックストイの人気ランキング5選

などなど、貴女が安心してトイデビューができる様、充分な知識をつけるお手伝いをさせて頂ければと思います!是非ご一読ください。

sextoyの種類

セックストイの種類は様々で、用途も本当に細かくわかれています。女性器の外から刺激するアイテムや、膣の中に挿入するアイテム、アナル(おしりの穴)に使うもの、各種のプレイ内容に特化したものや視覚的に興奮させるもの。素材も柔らかいゴム製からガラスまでと幅広く、大きさも多岐にわたります。まずは、女性が使うセックストイにどの様な種類があるのか、基本的な5つのアイテムについて説明していきます。

ローター

ローターとは主にクリトリス(後で説明します)を刺激するアイテムで、ちいさな卵のような、楕円形のものが多いです。内蔵されているモーターが振動する事により刺激を与えるアイテムです。見た目もシンプルなものが多く、手に取りやすい価格のものも多いため、トイデビューにはもってこいかもしれません。

使い方としてはクリトリスに当て、ローター本体から伝わる振動によりオルガズムを感じます。大体のアイテムに振動の大きさを調節するダイヤルが付いていますので、自分が心地よい強度で当て続けます。

バイブ

バイブとは電動バイブレーターの事で、その名の通り電動式です。男性器の形を模したものが多く、膣に挿入して使います。振動機能に加え、種類によってスイング(回転運動)機能だったりピストン(上下運動)機能も兼ね備えられており、開発したい性感帯によって選べるのが魅力です。

あからさまに男性器の形をしたものは恥ずかしい、露骨だとなんだか気分が乗りにくいという人のために、昨今では一見セックストイとわからない様なビジュアルをしたものも多く販売されています。また、大体は動きのリズムを選べたり、強度も調節できます。例えば、高速ピストンで振動は弱めのもの。ゆっくり回転するけれど振動は強いもの、など自分の性感帯をしげきしやすいアイテムに出会える可能性が無限大なのも特徴です。

ディルド

ディルドとは男性器の形を模した梁型を言います。バイブと違って電動式ではないため、自分で好きな様に動かして使うことが出来ます。吸盤が付いているものが多いので、床や壁にくっつけて疑似セックスをする事ができます。騎乗位の練習をしたい人なんかは特に重宝するかもしれません。

見た目はかなりリアルなものが多く、カリや亀頭の大きさ、竿の太さや長さまでバリエーションに富んでいるため、自分にピッタリ合うものと出会えた時の感動は計り知れないでしょう。セックスをする相手を選ぶ感覚でアイテム探しができるのが、ディルドの魅力です。

また、こちらもリアルな男性器とはかけはなれた可愛いデザインのものもあります。それらは逆に非日常感を味わいたい人におすすめ。実在ではあり得ない様なサイズのものは普段のセックスに物足りない人向き。まっすぐな形だったり、リアルではあり得ない様な弾力のものは、男性器以外のものを挿入する楽しさを教えてくれます。

デンマ

デンマの公式名称は電気マッサージャーで、元々は家庭で使われるハンディマッサージャーです。そのため肩や腰に治療目的で利用する人も居ますが、今ではすっかりアダルト分野で名をはせています。棒状のスティックに、ヘッド部分はモーターが入った丸いゴム製の部品が乗っており、モーターの振動で激しい快感を与えるアイテム。オーソドックスなのはクリトリスに当てるという使い方。膣の中に挿入してみたり、恥骨あたりに当てても快感が得られます。かなり強い刺激なため、今までセックストイを使った事のなかった人は簡単に果ててしまうかも。

元々は肩や腰用というだけあって結構な大きさですが、今では小型のものやかなりのミニサイズも販売されています。通常の半分ほどの大きさのものから、手のひらに収まるサイズまでと様々。こちらも何種類か試してみて、ピッタリの相棒を見つけられたらいいかもしれませんね。

ローション

ローションは使ったことのある人もいるのではないでしょうか。粘り気のある液体の事を言い、膣が乾きにくかったりセックスの際に相手の男性器が大きすぎて痛みを感じる時などに、潤滑油として助けてくれるアイテムです。しかしローションはその様な助っ人的役割のものの他にも、香りが付いていたり温感効果があったり、中には味のするものまであるんです!

それらを気分によって使い分けたりと、充分にセックストイとしても活躍してくれます。フェラチオが苦手な人は食べられる味付きのものがあるので、克服にいいかもしれません。お互いの身体中に甘いローションを垂れして、交互に舐めあうなんていう甘いプレイも楽しめますよ。

sextoyデビューはどう選ぶのが正解?

ここまででなんとなく、それぞれの用途はわかったでしょうか。それではそんな個性あるアイテムたちから、自分は何をどうやって選ぶのが正解なのでしょう?間違えのない選び方は、

・開発したい場所で選ぶ
・値段で選ぶ
・人気度で選ぶ

の3点に気を付けることです。何故のその様な選び方がいいのか、それぞれの解説をさせていただきます。

開発したい場所で選ぶ

開発したい場所から選べば選択後の、理想と現実という悪いギャップが避けられます!女性がオルガズムを感じるために開発すべき場所は主にクリトリス、Gスポット、ポルチオの3点です。これらの位置する場所や開発方法はこのあと説明しますので、いま現在わからなくてもご安心ください!

そして女性が感じられるオルガズムは主に2つあります。1つ目は外イキで、これはクリトリスへの刺激で得られる快感のこと。2つ目の中イキは、Gスポットとポルチオを刺激することにより得られる快感のことを言います。

まず、貴女がセックストイに興味を持ったきっかけはなんでしょうか?オルガズムを感じた事がないから感じる為に興味をもった、という人も居るでしょうし、いわゆる外イキはできるけど中イキが出来ないから中を開発しようと思った、なんて人も居るかと思います。例えばこの女性たちが同じアイテムを選んでも、どちらかが望むオルガズムを感じられない可能性は非常に高いです。

セックストイはクリトリス、Gスポット、ポルチオそれぞれに特化したアイテムがありますので、それらを選ぶと性感帯の開発は非常にスムーズです。しかし逆を言えば、間違ったアイテムを選ぶと求めていた快感が得られないかもしれません。貴女の開発したい場所はどこなのか?を明確にしておく必要があります。

性感帯について知ろう

それではここからはクリトリス、Gスポット、ポルチオがどこにあるのか。どう刺激したらいいかの解説です。オルガズムに関わらず、自分の身体の事は知っておいた方が不安を感じるシーンも減ると思いますので、この機会になんとなくでも覚えてみましょう。

クリトリス

クリトリスとは、女性器の外側についている性感帯で、膣の上側にあります。女性器の外を左右に開くと小陰唇というビラビラとしたものがあるかと思いますが、その左右の皮が合わさる上部にピンク色の小さい突起の様なものがありませんか?それがいわゆるクリトリスというものです。大きさは個人差がありますが平均5~7mmほどで、触るとビリビリとした刺激を感じるかと思います。初めの内は触るだけでも痛かったり、違和感の方が強いかもしれませんが、慣れてくると快感に変わります。

何故クリトリスがそんなに敏感なのかというと、実はその突起、生物学上はペニスの名残なんです!男性はペニス全体に刺激を与えるとオルガズムを感じますよね。クリトリスにはペニス全体に存在する神経、およそ8000ほどの数が、わずか数ミリの突起にして集まっているんです。かなり敏感な事がお分かり頂けたでしょうか?

そのためクリトリスへの刺激はソフトタッチが基本です。こすってみたり、軽く押してみたり、揺らしてみたりするとオルガズムに達することができるでしょう。初めて愛撫する際はいきなり直接触れるのではなく、下着の上からゆっくり刺激を与えてみましょう。

クリトリスへの刺激により感じられる外イキは、よく花火の様だと例えられています。ジェットコースターみたいに一気に駆け上がり急降下する感覚。激しい快感が一瞬で散る、というイメージです。その刺激は性器全体にいきわたり、膣は痙攣し、足先までガクガクする人が多いです。もちろん感じ方には個人差があるため一概には言えませんが、激しい快感には違いありませんね。また快感の種類も男性の射精に近く、イッたあと冷める感覚もはっきりわかるとか。賢者タイムを経験できるかも。

Gスポット

Gスポットとは、その名の通りスポット(場所)で、膣の中に存在します。場所なのでクリトリスの様に明確な、絶対にこれ!というものがありません。更にその位置は個人差もあるため、自分で開発しなければ気づかないままの人も居るかもしれません。探し方としては、手のひらを上にし膣に中指を挿入してみてください。第二関節まで入ったらそこでストップし、第一関節を曲げてみてください。もしもザラっとした感じだったり、窪みなど他とは違う感触を感じたのであれば、そこが貴女のGスポットです。大体の人は膣の入口から3~5cmほどの位置にありますが、それより奥だったり左右にずれていたりというのは当たり前ですので、必ずしもその位置に見つけられなくても安心してくださいね。

Gスポットの開発方法は優しく、圧をかけるのがいいでしょう。指圧のイメージで奥にグッと押してみてください。または、軽く指先でタップするのも効果的です。初めの内は尿意に近い感覚や、もしかしたら痛みも感じるかもしれませんが、慣れてくると快感に変わります。もしも刺激していて脚がガクガクしたり、何かがこみあげてくる様な感覚になったらGスポットを探し当てられているでしょう。また、Gスポットの開発は基本的に時間がかかると考えてください。初めの内は感じられる人の方が少ないので、気長に刺激を続けましょう。

Gスポットによる中イキは身体中に波が打つ様な感覚だと言われています。じわじわと内側からこみあげてきて、頭がふわっとする。オルガズムを感じた直後は全身の力が抜けてしまい、動けなくなるなんて声も。またクリトリスと比べ持続時間も長く、冷める感覚もない人が多いです。膣がというよりは下半身全体が痙攣したり、身体の中から湧き上がる感覚です。連続してイク事も可能という事で、どうにか習得したいですよね。同時に尿意も感じるので、漏らしてもいいやと割り切ることが大切です。

ポルチオ

ポルチオとは子宮の入り口に存在する、子宮が飛び出た部位の事です。またまた膣に中指を挿入してみて、最奥にこりっとしていたりむにっとしていたりするものがあればそれがポルチオです。この質感は人により様々ですが、明らかに周辺と質感が違う様なら合っているでしょう。

子宮なんて生々しいと思うかもしれませんが、女性は膣口から平均8~10cmのところに子宮が位置しています。よって長さのあるもので刺激を与える事が大切です。女性の子宮は想像以上に伸縮性があるので、快感を感じると下に降りてきます。また、快感が増えれば増えるほど柔らかくなります。このことを膨らむ風船に例えてバルーン現象なんて言ったりしますが、このタイミングを見計らって刺激を与えると快感を感じやすいです。

ポルチオを刺激する事で得られる快感は、正しく性の絶頂と言えるでしょう。イク直前から強い快感を感じ、イク瞬間は更に強い快感に襲われオルガズムに達します。その快感は全身に響き渡り、長ければ数分も持続するなんて声も。失神してしまったり、次の日まで頭がぼーっとしたままだったりして、いかに強い刺激なのかがうかがえますよね。またポルチオで感じるオルガズムは、心理的な幸福感を存分に味わえるところも特徴。人生に一度は味わいたい、と誰もが願ってしまいますよね。

値段で選ぶ

ここまで細かい性感帯の違いについて説明してきましたが、開発したい場所が決まったらあとは値段できめてみてもいいかもしれません。どんなに高く質のいいものを選んでも、膣の形や性感帯の位置などはまさしく十人十色。よって、必ずしも貴女に合うとは限らないのです。

あまりに安すぎるものも品質に安心できず怖いですが、初めは手に取りやすい価格のものから試してみましょう。そして、多くのものを使ってみた方がいいです。私にはこんな形が合うんだな、これくらいの長さだと気持ちいいな、等と相性の合うものの特徴がわかってきたら自分にぴったりなものも見つけられる様になります。そうしてからやっと高級品に手を出してみましょう。

の相場って?

セックストイの値段はピンキリで数百円のものから数万円のものまであります。値段の相場ですが、安心して使えるアイテムの相場はローターが700~1000ルピー、ディルドが2000ルピー前後、デンマ2~4000ルピーのバイブが2~3000ルピーほどが体感としてはオーソドックスです。この基準よりも明らかに安すぎるものや、高すぎるものにはまだ挑戦しない方が無難です。

人気度で選ぶ

人と自分は全く違うとはいえ、多くの人が良かったと言っているものは実際に良い事が多いのも事実です。特に初心者向きのアイテムで、初心者から人気の高いものは、大きさや柔らかさなどに無理なく気持ち良くなれるという事。口コミ等をチェックし、初心者に優しいアイテムを選びましょう。

初めてのセックストイ人気アイテムランキング

それでは貴女と同じくセックストイデビューをした先輩たちは、初めに何を選んだのか?初心者向きの人気アイテムランキングはこちらになります。

1 クラシックエッグバイブレーター

王道のクラシックエッグバイブレーターは使いやすさ、強度、値段などどれをとっても初心者向きのアイテムと言えます。このサイズはクリトリスを的確に刺激する事ができるため、外イキ未経験の人には特に、是非とも試して欲しいです。また、強い刺激に慣れすぎてしまった人が少しづづ感度を戻していくためにも使うといいので、この先も長く重宝します。まさしく万人受けのアイテムと言えるでしょう!

2 フェアリーミニバイブレーター

こちらはデンマで最も有名なブランド「フェアリー」から販売されているミニサイズ、フェアリーミニです。フェアリーの気持ち良さは折り紙つきの王道ですが、初心者の人には少し刺激が強すぎるかもしれません。そんな時に便利なのがこのミニサイズです。範囲が狭まる事で全体に受ける刺激は減らしつつ、部分的に集中するのでイキやすくもなります。外イキが好きな人にはこれ以上ないアイテムでしょう。

3 スーパーピンクボーイ

バイブデビューにお勧めなのがこのスーパーピンクボーイ。自分の狙ってほしいところを的確に突いてくれるため、中イキに挑戦したい人にお勧め。角度を変えればGスポットにもポルチオにも使えるため、まさに一石二鳥です。素材もシリコーンで初心者にも優しい。大きさは平均的なインド男性の男性器とほぼ同じであるため、これでオルガズムを感じる事ができたらセックスでもイケる様になるかもしれません!

4 初心者のための4.5インチの小さなペニスディルド

ディルドデビューにあたり何を買おうか考えている貴方にはこちらの商品が非常におすすめ。まるで本物のペニスの様に見えますが、ピンク色で挑戦しやすいです。長さがながすぎないためいきなり大きいものが怖いという人にもぴったり。安心安全のシリコーン素材なので、スムーズに挿入する事ができるでしょう。フェラチオの練習にもぜひとも使ってみてください。

5 デュレックスプレイベリーチェリー潤滑剤

最初から性器を刺激するアイテムが怖いという貴女には、このローションをおすすめしたいです。さくらんぼの香りと味がするというとても楽しいローション。いつも通りのオナニーの際に指につけていじるだけでも、いつもより感じてしまう事まちがいなし。セックスの際に用いても甘い香りと甘い味で、オーラルセックスが楽しくなります。フェラチオ克服に役立つアイテム。

sextoyの取り扱い方法

女性のオルガズムに欠かせないセックストイという存在ですが、性器という非常に敏感な部分を扱うだけあり、取り扱いには細心の注意を払っていただきたいところです。ここからは

・使用時に気を付けること
・使用後に気を付けること

に分けて解説をさせていただきます!女性にとっても女性器は最も守るべきところ。必ずお読みください。

使用時はコンドームを

まずセックストイの使用時に必ず行って欲しいのが、コンドームを被せて使用すること。性病や妊娠のリスクがないからといって、生で挿入するのはあまりに危険です。何故ならセックストイは繰り返しつかうもの。貴女がどんなに気をつけていたとしても、自分の体液が付着してしまったり、洗い残しがあるかもしれません。セックストイの上で繁殖した菌が再び使用した貴女の膣内に入ったら、恐ろしい事は言うまでもありませんよね。膀胱炎をはじめとする病気にかかってしまうかもしれません。その点で、コンドームを付けていれば、毎回使用後には付着していた部分を捨てるため、病気のリスクを避けることができます。

また、個人的にはコンドームを変えると同じセックストイでも使用感がまるで変わるので、快感の質を向上させる面でもオススメです。昨日はイボ付きコンドーム、今日は香り付きコンドーム、明日は温感機能付きコンドーム、と日替わりにすればアイテムが同じでも飽きずに楽しむことができます。よってセックストイの寿命も延び使用期間が延びるかもしれません。安全な上、コスパも良くなるなんて、使わない手はないはずです!

使用後は必ず洗浄する

いくらコンドームをつけているからといって、全く洗わずに収納してしまうのは少し危ないかも。ゴムを外す際に体液が少し付着してしまったり、ゴムの範囲外のところに飛んでいる可能性もあります!オナニー中に飛び散らない様に、なんて気を付けていてはせっかくの気分が台無し。気が散るとオルガズムからも遠のくばかりですので、そんなことを考えないで済むためにも、使用後はきちんと拭き取りましょう。

一般的によく用いられている洗浄方法は主に3つ

・ぬるま湯と石鹸で洗う
・アルコールシートで3回以上拭く
・セックストイ専用の洗浄グッツを使う

です。ぬるま湯と石鹸で洗う方法は最もオーソドックスかもしれませんが、少し面倒。オルガズムに達したあとは身体の力が抜けた様な感覚に陥ったり、眠気が襲ってくる人も少なくありません。そんな時にシートだったら、ササっと拭いてすぐに眠れるので非常におすすめです。

セックストイの専用グッズは洗い流すタイプだったりシートだったりと沢山あります。もちろん特化した専用アイテムが最も安心ではあるのですが、上記2つの方法でも充分に清潔は保たれます。必ず洗浄する習慣を身につけましょう!

sextoyの注意点

ここまでセックストイにはどの様なものがあり、どう使うのか。どの様に取り扱ったらいいのかは分かって頂けたかと思います。最後にお伝えしたいのが、セックストイを使用するにあたり、気を付けて欲しい注意点です。正しく使えばメリットばかりの素晴らしいセックストイですが、間違った使用方法では効果を発揮しません。

初めは小さいものから

膣に挿入するアイテムの場合、初めは小さいサイズのものから試してください。体感としてこれくらいは入るな、と思う大きさよりもワンサイズ下を選ぶのがお勧めです。セックストイの構造や動きは刺激の強いものが多いため、本物の男性器と同じサイズでも全く別物と思ってください。間違ったサイズを選んでしまうと快楽を感じられないだけでなく、痛みを感じてしまう場合も。最悪の場合、膣内が傷つく可能性もあります。小さいアイテムから徐々に刺激へ慣れていき、大きいサイズへステップアップしていくのが理想です。

素材も柔らかいのがベター

大きさだけでなく素材にも気を付けましょう!セックストイの種類によっては、ガラス製だったりプラスチック製のものがあります。挿入しないアイテムでしたら問題ありませんが、膣内にいれるものならば初めはシリコーンやエラストマー、PVCのものがいいでしょう。いきなり男性器よりもあきらかに硬いものを挿入すると、膣に馴染まず怪我をする恐れがあります。硬い素材の気持ち良さがわかるのは、柔らかい素材に充分慣れてから。こちらもサイズと同様、徐々にステップアップしていくのが良いでしょう!

デビューを素晴らしいものにしよう!

最後まで読んでくれた貴女はもう、敵なしのセックストイマスターでしょう。自分に合いそうなアイテム、気になるものはありましたでしょうか?オルガズムには非常に個人差があり、その感じ方はもちろん到達するまでの時間、合った刺激の方法など何もかもが全員違います。なのでもしもここに書いてあることを試したのにイケなかった、という人も落ち込まないで欲しいです。特に中イキは1日やそこらで出来る様になるものではありません。自分の身体を理解しながら、焦らずゆっくり開発していきましょう。1番大事なのはオルガズムを得ること以前に、貴女が気持ちいいと思えるかどうかです。一緒に女性としての楽しみを見出していきましょう。